vol.24 『2022年、出演者決定しました!』

2022年『星空のコンサート』出演者決定しました!

マリンバトリオ『マリンバコフレ』

♪伊藤 すみれ
12 歳より打楽器を始める。国立音楽大学附属高校を経て、国立音楽大学を首席で卒業。同大学上級 アドヴァンスト
ソリストコース修了。
第 18 回 JILA 音楽コンクール、マリンバ部門第 1 位、並びに現代音楽特別賞を受賞。これまで に、打楽器及びマリンバを上野信一、神谷百子、福田隆の各氏に師事。 都内を中心にコンサートを開催する傍ら、全国の小中学校、幼稚園での公演や音楽指導を行う。世 界の民族楽器やおもちゃ楽器を取り入れた演奏も行っている。 パーカッショングループ「フォニックス・レフレクション」「打 ax」、ピアノ×打楽器ユニット 「ぽろんたん」、マリンバトリオ「マリンバ・コフレ」メンバー

♪篠﨑 陽子

桐朋学園大学打楽器科マリンバ専攻卒業。第14回JILA 音楽コンクール第1位。 第 12回” 長江杯 “国際音楽コンクール第2位入賞 (1位なし) 。 これまでにマリンバを安倍圭子、林道代、木村陽子、打楽器を佐野恭一の各氏に師事。 テレビ番組 及び映画音楽のレコーディング、「飛鳥II」にて演奏するなど、各地で幅広く活動している。 マリンバ連弾「ふわり 」、ファミリーコンサート企画グループ「トコトン・トン!!」、現代音楽集団 「ケフェウス五重奏団」、マリンバトリオ「マリンバ・コフレ」所属。 2014年ソロアルバム「Nozomi~明日への希望~」リリース。

三神 絵里子

桐朋学園大学音楽学部マリンバ専攻卒業、同大学研究科修了。東京・神奈川を中心にソロやアンサンブル、ワークショップ、講師などを行う傍ら、2016年よ りハンドパン演奏を開始、多岐にわたり、活動を拡げる。 マリンバを安倍圭子・高田亮、打楽器を佐野恭一・塚田良幸の各氏に師事。 一般社団法人「ユース・クラシック」、マリンバトリオ「マリンバ・コフレ」 メンバー。神奈川県横浜市出身。

♫メゾソプラノ金澤桃子・ピアノ虫明知彦

♪金澤桃子(メゾソプラノ)

国立音楽大学声楽専修卒業、東京学芸大学大学院声楽コース修了。国立パリ地方音楽院コ ンサーティスト課程を審査員満場一致の優秀賞で修了。平成29年度文化庁在外研修員、 2019年度上期野村財団奨学生。EUROVOX主催ヤング・プロフェッショナル・プログラムフ ランス代表。 これまでに小澤征爾音楽塾子供のためのオペラ「子供と魔法」タイトルロール、「こうも り」オルロフスキー役、「ジャンニ・スキッキ」ラ・チェスカ役で出演し、セイジ・オザ ワ松本フェスティバルでは「子供と魔法」タイトルロールを3年連続で務める。東京二期 会オペラ公演では「バラの騎士」3人の孤児役でデビューし、「ローエングリン」オルト ルート役カヴァーを務めた後、「ファルスタッフ」メグ役で出演。コンサートソリストと しても日仏両国にて精力的に活動しており、パリ・アベス劇場にてベリオ「フォークソン グス」、マッシー歌劇場バッハ「マニフィカート」、パリChoeur Interuniversitaire ヴィヴァルディ「グローリア」 、Chœur Résonances de Suresnesヴェルディ「レクイエ ム」、宇奈月モーツアルト音楽祭スペシャルコンサート「レクイエム」、東総の第九20 16等、数多くオーケストラとの共演を果たす。2012年L・べラン国際音楽コンクール声 楽部門第一位。2017年UPMCFコンクールオヌール賞受賞。2018年レ・ミュジカル・デュ・ サントル声楽部門第二位。他、入賞多数。二期会会員。

♪虫明知彦(ピアノ)

東京学芸大学及び同大学大学院音楽コース修了。東京音楽大学大学院伴奏科修了、同大学院博士後期課程在籍中。
ピアノを庄野啓子、野澤啓子、石橋史生、藤原亜美、播本枝未子、
伴奏法を土田英介、水谷真理子、山洞智、御邊典一の各氏に師事。
2017 年度東京音楽大学甲種奨学生。
ACJ 第5回日本ピアノ歌曲伴奏コンクール第2位。
AIEN 伴奏ディプロマ取得、選抜コンサート出演。
日本フォーレ協会会員。日本セヴラック協会会員。
東京二期会フランス歌曲研究会ピアノ会員。 東洋大学文学部教務課ピアノ指導員、授業アシスタント。

♫ヴァイオリン工藤崇 ピアノ山本まゆ子

工藤崇
(ヴァイオリン)

岩手県盛岡市出身。3歳よりヴァイオリンを始める。 桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業、同大学研究科修了。 昭和音楽大学研究員、テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ団員を経て、 現在昭和音楽大学附属音楽教室ヴァイオリン講師。 第14回大阪国際音楽コンクールにてエスポワール賞受賞。 第25回レ・スプレンデル音楽コンクール第3位。第5回蓼科音楽コンクール第3位。 第23回日本クラシック音楽コンクール入賞。 第10回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞受賞。 第17回大阪国際音楽コンクールリサイタル部門にてエスポワール賞受賞。 第1回ジェラール・プーレヴァイオリンコンクールセミファイナリスト。 盛岡啄木・賢治青春館にて行われたリサイタルでは、 ピアニストのアルバート・ロト氏と共演し好評を博す。 「TSUNAMIヴァイオリン」500人目記念奏者として、 岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」の前にて献奏。 「東京2020パラリンピック聖火フェスティバルin岩手」にてメインゲストとして演奏

山本まゆ子(ピアノ)

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。ハノーファー音楽大学修士課程修了後、
同大学のソリスト課程(Soloklasse)修了。ドイツ国家演奏家資格を取得。
第2回イスキア国際ピアノコンクール第4位。 第23回イブラ国際音楽コンクール第3位、スクリャービン特別賞受賞。 第14回ドン・ヴィンセンツォ・ヴィッティ国際音楽コンクール第2位。 イタリア、ポジターノにてケンプ財団によるベートーヴェン・マスタークラスに選抜され、 ディプロマを取得。
第23回イブラ国際コンクール入賞記念アメリカコンサートツアーにて、 ニューヨークのカーネギーホールで演奏し、 「魅力的で表現豊かであるとともに、構築力のある演奏。音楽的センスにあふれている」 と好評を得 る。 新日本フィルハーモニー交響楽団との共演をはじめ、さいたま芸術劇場にて大宮シンフォニーオーケスト ラと ベートーヴェンピアノ協奏曲第5番「皇帝」を共演。

シェアする